夢想現実

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1つの願い

  • 2013/08/02(金) 21:20:16

気付けばこんなにも私は歳を重ねていた
あの頃の気持ちは一体今
何処で何をしているのだろう
寂しい気持ちがふと込み上げて
ぐっと心の奥底に沈ませた

なんて惨めなんだろう
誰にも分かってもらえないこのもどかしさ
孤独が体中に纏わりついて離れない

いつか真っ暗な時にこのまま
身を委ねられたら良いのに
そっと零した私の本音を
たった1人だけが気付いてくれた

ありきたりな言葉だけれど
私はほんの少し救われた気がした

貴方に会うために生まれてきたのかしら
そんな思いさえして
貴方より先に死ねたなら
そんな幸せはないなんて思えた

いつかなんてこないように
誰か魔法をかけてちょうだい
そうじゃなきゃまた私は・・・


スポンサーサイト

現実

  • 2013/03/17(日) 22:58:38

また日が昇り始めた
今日が始まる
また、誰かが死ぬのか
また、誰かが泣くのか
また、終わりに近付くのか・・・

苦しい 辛い 悲しい 痛い

やめろ
やめてくれ!

どんな事が起ころうと立ち向かって行く人々
例え自分の命を投げ打ってでも

そんな人間など今の世にほんの一握り

今はただただ、己のことしか考えない
そんな者たちで溢れている

悔しいか? 殺したいほど憎いか?

そう問いかけているのは私自身
だが、誰も答えてはくれぬ

なんて無力だと嘆いた事もある
なんて無慈悲だと罵った事がある

それでも変わらぬ世界
終わりなき争いや欲望の渦の数々

嗚呼、私はいつ
この永遠の地獄から逃げ出すことが出来るのだろうか


想いをそっと胸に閉まって

  • 2013/03/14(木) 22:39:58

ねぇ、聞こえますか
私の鼓動の高鳴りが
近づけばこの早まった鼓動が貴方にきっと聞こえてしまう
それほどまでに貴方にときめいているのよ

何年経ってもこの気持ちを忘れないでいられるかしら
飽き性の私にそんな事できるかしら
時々無性に不安になって
それでも貴方を好きで好きでどうしようもないの

いつか来る別れを思って
もっと歳が近ければ良いのに
そんな時だけ切なくなるの
私が先に逝ければ良いけど、きっと貴方は置いていってしまう
遠い遠い場所まで・・・

今はまだ二人だけの時間だけれど
いつかふたりっきりはなくなって
新しい家族が増えるのよね
そしたら私たちは恋人じゃなくて夫婦になって
永遠に今みたいな日々はなくなってしまう

貴方との子供がほしいのに
なんて矛盾した心なんでしょう

貴方はずっと一緒にいてくれると言ってくれたけど
それはきっと偽りなんてないけれど
きっと、きっとそれは叶わない
私と貴方は一回り以上も違うもの
いつもは感じない差をこんな時に感じてしまうの

ねぇ、聞こえますか
私のこの鼓動の音が
貴方の何気ない一言でも
私はいつだってときめいているのよ

生まれ変わりなんて私は信じていないから
いつか来る別れを思って遅く生まれた事を悲しく思うの
それでも出会ってしまったからしかたないの
貴方という、きっと運命の人に

おねがい

  • 2013/02/04(月) 19:09:45

きらきら星に願いました
いつか「生まれてきてくれてありがとう」
そう言ってくれる人が現れますように

いつもいつも孤独を感じていて
私は何のために生まれてきたのか
理由が欲しくて欲しくてたまらなかった

「貴方は涙なんて流さないよね」
そう言われて何度こっそり泣いただろうか
私はいつもひとりぼっち

もうこのまま2度と目が覚めなければ良いのに

それでもココにいるしかできない弱い私は
助けを求めていたのです

ある日突然その人は現れました

欲しい言葉をくれ
私を否定せず
私の秘密さえ受け入れてくれた

その人よりも私は先に死にたいと今は強く思うの
ひとりぼっちに2度とならないようにと
ワガママな私は願っています

きらきら星に今は願うの
もう何もいらないからあの人を幸せにできますように



貴方との距離

  • 2012/03/18(日) 23:07:06

10代の頃に感じた恋は今
私にとってとても幼い恋でした
20代になって今思う事は

ああ、なんて未熟だったのでしょう

今でも貴方にとっては私は未熟でしかないとしても
少しは貴方に近づけたら良いのに

貴方に束縛されたい
歳が離れればそれだけ貴方には可愛く見える
それが嬉しいと同時に
追いつけないもどかしさや
誰かに取られてしまう不安でいっぱいになる

お願い、どうか嫉妬してちょうだい
私だけを見つめていて下さい
どんなに幼く見えていても良いから
私に夢中でいて下さい

本当は全て受け入れてほしいの
私の醜い部分も全て
でもそれを言う勇気がない
それは信じていないからじゃなくて
いつまでもキレイな自分でいたいから

それでも受け入れてほしいと思う私は
我が儘で矛盾だらけで嘘吐きで
嫌なものばかり持っている

いつの日か30代になった私は
貴方との歳の差を変える事ができなくとも
心の距離を縮める事ができていたら良い


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。